選んではいけない歯ブラシの3つの特徴

安いものから高いものまで、形も様々な歯ブラシ。実は歯ブラシなら何でもいいってわけでもなさそうなんです!

 

1つ目は毛先が山切りになった歯ブラシ
歯の表面や歯と歯の間に付着したプラーク(歯垢)は粘着性のあるフィルムで覆われていて、1mgの歯垢の中に約1億個の虫歯菌や歯周病菌が住んでいるといわれています。
『歯にブラシを直角にあてたとき、毛先が寝てしまうとバリアの役目を果たすフィルムを摩擦しにくい』ので、毛先が寝ないタイプが重要となります。
⇒山切りになっている歯ブラシは一般的に毛先が寝やすく、歯磨きの効率が下がってしまうそうです。フロスや歯間ブラシの使用率が低い日本人を思って、歯と歯の間を磨きやすくするために開発された立派な商品のはずですが、『歯間の清掃は山切りの歯ブラシではなく、フロスや歯間ブラシを使ってするべき』なんだとか!

 

2つ目は毛先が細い歯ブラシ
『歯周ポケットを磨く』という宣伝文句で、毛先が細くなった歯ブラシが売られていますよね?歯周ポケットから侵入した細菌が歯肉に炎症を引き起こし、歯を支える骨を溶かしてしまう歯周病は、日本人が歯を失う主な理由の1つなので、その予防と改善にメーカーも全力で商品開発を行っていようです。
⇒でも毛先の細くなっている歯ブラシは山切りと同じく毛先が寝やすいので、肝心の歯の表面に付着した歯垢を落としにくいというデメリットがあるといいます。さらに、仮に歯肉炎や歯周炎で歯周ポケットが深くなってきたとしても、ポケット内部のプラークや歯石は歯ブラシでは落とせないそうです。

 

3つ目は毛がやわらかい歯ブラシ
歯ブラシには硬め・普通・柔らかめなど、いろいろな硬さが用意されていますが、渡辺先生によりと『柔らかい歯ブラシは毛先が寝やすいので磨きにくい』との事。⇒プラークの粘着質(バイオフィルム)を破壊するのには硬い歯ブラシが最適なようです。しかし磨く力の強過ぎる人は、歯茎を傷付けてしまう恐れがあるといいます。そのため、硬さは普通を選ぶのがおすすめだそうです。

 

選んではいけない歯ブラシの3つの特徴

じゃあどんな歯ブラシを選べばいいの?

歯科医師が選ぶ歯ブラシは、ナイロン製の3列ブラシで断面は平ら、硬さは普通、小回りの利く“子ども用歯ブラシなんだそうです!