食事中にできる口臭を防ぐための3つのコツ♪

口臭を防ぐコツ|食事の際に気をつけたい3つのポイント

食べ物を大きめに切って食べる

毎日歯を磨いているのに、、

 

ちゃんと糸ようじ使ってるのに、、

 

それでも食事の後はそれらの努力ををかき消すかのようにじわじわと復活してくるものです。しかし、食事の際に『ある事』を意識するだけで口臭を防ぐ事につながっていきます。
ここでは、このページのテーマである口臭を防ぐための3つのコツを含め、

 

・どんな食べ物が口臭を悪化させやすいのか

 

・1日に中で口臭が1番ひどくなるのはいつ?

 

・口臭がひどい人にありがちな特徴

 

・口臭がひどい人は周りからこう思われているかも

 

・口臭を防ぐコツのまとめ

 

↑これらのコンテンツも一緒にまとめています☆

 

では、口臭の原因を見ていきましょう^^

 

口臭の原因は一体何なのか?

 

一言で口臭といっても、実は口臭には多くの原因があると言われています。その中でも主な原因として挙げられるのが雑菌によるもので、それに関しては歯磨きの直後から蓄積が始まるといわれています。

 

さらに寝ている間などの口の中が乾きやすい状態だと、口臭の原因になる雑菌を唾液で洗い流す事ができずに、大量に歯の表面に蓄積されていってしまいます。そのため寝て起きた直後というのは特に臭い匂いがしてしまうんです。

 

次に身近なところで言うと、もしも近くにいる他人が気づくほどの口臭が常にあるようだと、それは虫歯だったり歯周病など口の中の感染症などの病気である可能性が考えられます。そういった場合は歯磨きだけでは対処しきれないので、歯医者さんに診てもらいましょう!

 

 

⇒そうする事で噛む回数が増える⇒よって唾液がたくさんでて口臭を防ぐ
という事です♪

 

玄米や根菜類など、かための食べ物を食べる
⇒噛む回数が増える⇒唾液がたくさんでて口臭を防ぐ
上に同じくですね!

 

コーヒーの後は水を飲む
⇒コーヒーが唾液の分泌を抑えてしまうのを防ぐ⇒口臭を防ぐ

 

 

これらのちょっとしたコツを知って食事するときに少し覚えておくだけで、口臭を防いでくれます。
あとゆっくり噛む事が唾液の分泌につながるので、そでも口臭を防ぐ方法だそうです。ダイエットにもつながるし一石二鳥ですね♪