歯が黄ばみやすい食べ物・飲み物

にっこり笑った時に真っ白い歯だと、清潔感があり、健康的に見えますよね!
しかし、『私の歯って黄色いかも?』『白い歯に憧れるけどホワイトニングしようかな?』と悩んでいる人も、実は多いのではないでしょうか?
そこでこのページでは歯が黄ばみやすい食べ物のみ物を紹介します♪

 

そもそも歯が黄ばんでしまう原因は?

 

歯の黄ばみの主な原因は、食べ物飲み物によって歯の表面に着色汚れが付着する事です。
例えばカレーやコーヒー。これらに使用した食器をすぐ洗わず、しばらく放置すると、食器に色がほんのりつきますよね?それは歯も同様で、色が濃い食べ物を摂る事で、歯の表面に色がつきやすくなってしまいます。
時間の経過とともに歯の表面に強固に汚れが吸着して、通常のブラッシングやフロスでは取れなくなってしまいます・・・。
でもこれは歯そのものが変色しているわけではなく表面的な汚れなので、早めのケアで汚れが吸着するのを防ぐ、また吸着した汚れを取り除く事ができるんですよ^^

 

歯が黄ばみやすいと言われる食べ物・飲み物↓

 

・カフェインを含むもの⇒コーヒーや紅茶など。
コーヒーや紅茶などカフェインを多く含む食品は、歯の黄ばみの原因になりやすいとされています。コーヒーにはタンニンという成分が含まれていますが、これも黄ばみの原因。。タンニンが歯を覆い、それを取りきらず沈着していくと黄ばみになるのです。

 

・色の濃いもの⇒カレーやキムチなど。醤油、ソースなどの濃い調味料も同様。
カレーやキムチなど色の濃い食べ物も、歯の黄ばみの原因となります。一度沈着してしまった黄ばみを取り除くのは、簡単ではありません。コーヒーの色素(ステイン)による歯の黄ばみは、予防する事がいちばんです!

 

・ポリフェノールを含むもの⇒赤ワインやチョコレートなど。
赤ワインやチョコレートなどポリフェノールを多く含む食品も歯の黄ばみの原因になります。お茶に含まれるカテキン、大豆や大豆食品に含まれるイソフラボンなどもポリフェノールを含む食品も、歯の黄ばみの原因になります。

 

・アルコール⇒焼酎や梅酒、ビールなど。
度数の高いものも、歯の表面から水分を取ってしまい、歯にステインが付きやすい環境を作ってしまいます!