白い歯イメージ

白い歯は相手からのイメージが良くなります!

口元・歯はかなり人に見られているパーツなんです。特に話すときに見える”歯”は人に大きな印象を与えるパーツ。

 

初めて会う人の第一印象にも深く関わりがあるようです!

 

ある団体が、人が話をするときなど日常生活で見ているパーツを複数回答可のアンケートで取ったところ↓

 

目元が最も多くおよそ80%の人が気になると答えています。

 

口元は2位でおよそ40%の人が気になると回答しています。

 

気になるパーツはほとんど↑の目元・口元に集中しているようですね・・・。

 

全身でも顔の中でも、白いのは白目と歯だけなので、顔のパーツの中の白い色がいかに印象を作っているかが分かりますね。

 

白い歯は、誠実、真面目、清潔感がある、仕事ができそう・・・などと言った、どちらかというと好印象をもたれるようです♪

 

そんな中で、黄ばんだ歯は損をするようです。不潔でだらしない、老けた第一印象に見えてしまいがち・・・。

 

黄ばんだ歯はネガティブな印象をもたれがち・・・

大きく口を開け歯を見せる笑顔に好感を持つ人は多いとおもいます。

 

ですが、歯が黄ばんだり茶色いと笑顔がかえって悪印象になってしまう事もあるようです。

 

黄ばんだ歯は白い歯と違い、顔全体がくすんだ印象になってしまい、若々しさや清潔感が無くなりますので、面接やビジネスシーンではかなりマイナスとなります。

 

歯が汚いと歯を磨いていないような、不潔で不健康な感じがしてだらしない印象になるのも嫌ですね。

 

そういった不潔な印象は、仕事が出来なさそうな印象に繋がってしまうので注意が必要です!