歯が老化する4つの原因とは?

歯の老化というと歯周病を思い浮かべる方も多いかも知れませんね。

 

ですが、歯の老化は歯茎ではなく、歯そのものの老化現象です。

 

身近な事で知らぬ間に大事な歯を老化させているかもしれません・・・

 

このページでは、歯が老化する4つの原因を簡単にまとめていますので参考にしてみてください。

 

むし歯や歯周病

⇒虫歯や歯周病は、歯を痛める原因となるのでしっかり予防して、もしなってしまったらすぐに治してもらいましょう!

 

歯ぎしり

⇒長期にわたり奥歯を強くかみしめる事で、歯がすり減ってしまいます。

 

歯を強く磨きすぎる

⇒歯を磨く事はとってもいい事です。しかし強く磨いてしまうと、歯の表面に傷がついて歯が摩耗してしまいます。

 

食べ物や飲み物の酸で、歯が溶ける

⇒歯の表面のエナメル質は、非常に溶けやすくなります。

 

あなたの歯の老化度をチェック

さて、あなたの歯の老化度をチェックしてみましょう。以下がたくさん当てはまるようであれば、かなり危険だといえます↓

 

・ビールより、ワインが好き
・スポーツドリンク、炭酸飲料、果汁飲料などをよく飲む
・飲食後、意識的に水で口をすすぐ事はしない
・仕事や人間関係などで、ストレスを感じる事が多い
・日常的に服用している薬がある
・歯がしみる事がある
・歯の先端が透けている。
・歯表面に光沢がない

 

『酸蝕歯(さんしょくし)』に気を付けよう!

あまり知られていませんが、これは簡単に言うと酸で歯の表面(エナメル質)が溶ける事を言います。酸性の強い食べ物をたくさん摂る事で進行してしまうんです。

 

酸蝕歯を防止する2つの方法

 

・酸の強い飲み物・食べ物を口にしない
⇒もしも酸の強いフルーツや野菜を食べた後は、すぐに水やお茶などを飲んで、歯についた酸を早めに流す事が重要となります!

 

・歯磨き剤はエナメル質を守るものを選ぶ
⇒白い歯を求めて研磨剤がたっぷり入った歯磨き剤を使うと、逆に『酸蝕歯』が悪化してしまいかねません。ので注意してください。

 

老化を防ぎ、歯を白くする4つの秘訣

ここで老化を防ぎ、歯を白くする4つの秘訣をご紹介します♪

・歯ごたえのあるフルーツや野菜を食べる

⇒主にリンゴ、セロリ、ニンジンを食べると、歯の汚れを落すと言われています。さらにこの方法なら、エナメルも傷つけないので、安心ですよ♪

毎日フロスでお手入れ

⇒じつは歯間の汚れを取り除くだけで歯は白く見えるんです!なので歯の隙間に手入れも入念に行いましょう。

食後にチーズを食べる

⇒チーズ、牛乳、ヨーグルトは虫歯を防ぎエナメル再生を助けると言われていますので食後には乳製品がオススメです!

キシリトール入りのガムを噛む

キシリトールは歯垢を防ぎ口腔内のpHレベルを中和し、さらに自然の洗浄剤となる唾液生成を増加させます。だからキシリトールガム歯にいいと言われているんです。