自分で歯茎をピンクに近づける方法

第一に、血行をよくする事が大切です。指で歯茎をマッサージする事もとても理にかなっています。
ただし、これはやり過ぎに注意です!やりすぎると歯茎の表面を傷つけてしまい、雑菌が入り炎症をおこす心配があります!
程よくやって、歯茎周辺の血行を促す事でだんだんピンク色に近づいていきますよ。

健康的で理想的なピンク色の歯ぐき

実は歯茎にも毎日の規則正しい生活が大切になってきます。もしも睡眠や運動不足の日々を続けていると、体の不調とともに口の中の健康も失われていきます。その一方で健康そのものの方の歯茎は、綺麗なピンク色をしています。もし身近に理想的な歯茎の色をしている方がいたら、ぜひ一度、生活習慣を聞いてみるのもいいかもしれませんね♪
特にスポーツジムには、男女問わず肌とともに歯と歯茎の美しい方々がたくさんいます。最近では歯槽膿漏や歯茎下がりを防ぐ歯磨き粉など販売されていますが、それらは気休め程度と考えた方がよいでしょう。私たちは外から栄養を吸収する事はなく、食べ物として口から入ったものを主に小腸の腸管吸収によって体内に送り届けています。その後、体の一部になり歯茎も補修されていくわけですが、科学的に考えて、歯磨き粉に有効成分が入っていてもそこまで期待できないといっていいでしょう。

歯磨きは必須

歯磨きは必須です。食べカス雑菌を増やす餌になってしまうので、毎晩一回は歯茎に負担をかけないように超柔らかいブラシでこまめにブラッシングしてあげましょう!CMで流れているように、歯と歯茎の間のポケットから極細毛でかきだすようなイメージで優しくやさしく磨いてあげましょう♪
・このブラッシングを実践する事
・養面を意識した食生活
・適度な運動を続けていく事
これらが自分一人で健康的なピンクの歯茎に近づける確実な方法です!