歯磨きの効果と正しいやり方を知るとメリットが5倍!

虫歯や歯周病は、原因と予防法が現在では100%解明されています。

 

一言でいうと、虫歯や歯周病予防の一番の近道となるのが『正しい歯磨きを身につける事』なのです。

 

まずは、歯磨きにより歯垢を除去、コントロールする事を心がけましょう!

 

また、食生活やたばこなどの嗜好品を控えるといった毎日の生活を見直す事で、虫歯・歯周病のリスクは圧倒的に抑えられるのです。

正しい歯磨きのやり方

歯磨きの正しいやり方を詳しく見て行きましょう。

  • 歯ブラシをペンの持ち方で軽く握る
  • 磨きたい場所や面に対して毛先が垂直に当たるようにする
  • 動かし幅を小さくする
  • 歯間のすき間にブラシの毛先が入り込むように
  • 歯茎と歯の間にも毛先が当たるようにする

歯ブラシを強く握ってしまうと、歯の表面を強く擦ってしまい、歯が少しずつ削れて行くことになります。
そうすると、表面のエナメル質が削れて象牙質が出てきて、歯が黄ばんでしまう原因になります。

 

また、歯ブラシの毛先がちゃんと垂直に当たらないことになります。
ちゃんと歯磨きをしているつもりでも、その効果が100%発揮できないことになるため“もったいない”ですね。

 

また、歯の表面も大切ですが、歯間(歯の間)のすき間に入り込んだ汚れや食べかす、
がプラークやステインの新たな付着や定着につながりますし、虫歯の原因にもなるので、特に歯間は大切です。

 

動かし幅を小さくすると歯ブラシの毛先が歯間に入り込みやすくなるため、
汚れが落ちやすくなりますよ。

 

そして、歯垢(プラーク)は歯と歯茎の間に溜まるため、歯周病予防にもっとも効果が上がります。

 

口臭や歯周病、虫歯、歯の黄ばみを予防できてきれいな歯を維持できるカギが毎日の“正しい歯磨き”なんですね。

歯磨きの効果とは?

毎日歯磨きをする事で口腔内の環境を正常に保つための様々な効果を得る事ができます。

 

だからこそ、毎日の歯磨き習慣がとっても大切です。

 

また、歯磨きにはリラックスと覚醒の効果もありますので、夜寝る前も、食後のリラックスタイムにも良いんですよ。

歯磨きの主要効果

・歯垢を除去する事で、虫歯・歯周病の原因となる細菌の活動を妨ぐ事が可能になります。

 

・↑これにより、たまった歯垢の石灰化が原因である歯石の発生を未然に防ぐ事が可能。

 

・歯の表面のぬめりや朝起きたときのネバネバ感などの不快感を取り除く事が可能。

 

・歯茎に程よい刺激を与える事で血流がよくなります、そして健康な歯茎を保ちやすくなります。

 

何気なくしていた毎日の歯磨きにはこんな効果があったんですね。

 

【関連ページ】

歯の黄ばみの取り方|自宅で簡単にできる3つの方法
歯の黄ばみは自宅で簡単に取れます!そのための3つの方法のやり方と効果も公開中!