歯の黄ばみの取り方の前に簡単におさらい

歯の黄ばみの取り方|自宅で簡単にできる3つの方法

歯が白くないことにコンプレックスを持っている方は、歯磨きの仕方が良くないと思っていませんか?

 

確かに、歯が黄色味がかってしまうのは、長年の間コツコツと蓄積したものが目立ってくるものです。

 

子供の頃は、もともと無かったものとも言えます。

 

大人になると、歯の黄ばみがある事によって、不健康だったり不衛生、または生活や性格までもがネガティブにとらわれがちです。

 

ですが、歯が白くならないとコンプレックスに感じるのは無理もないのですが、
この後で見て行くように『歯が白くならないのは歯磨きの方法が悪いからとは限らない』ということも含めて詳しく見て行きましょう。

 

なぜきちんと歯磨きしてるのに歯が黄ばんでいくのか

毎日きちんと朝と夜に歯磨きをしているのにもかかわらずなぜ歯の黄ばみが落ちないのか?そう思った事はありませんか?

 

その答えは意外とシンプルです。

 

それは市販の歯磨き粉というの歯そのものを白くする成分が入っていないからだといえます。
さらにもう一つ言うならば、歯の黄ばみというものは普段の歯磨きでは落ちないものなんです。

 

成分が入っていないのだから、歯が白くなっていかないのは当然ですね。

 

つまり、歯が白くならないのは“あなたの責任ではない!”ということなんです。

歯が黄ばみやすい人の特徴

次に一緒に見て行くのは、歯が黄ばみやすい人の特徴です。

 

毎日きちんと朝と夜に歯磨きしているのにもかかわらず、
周りの人に比べて歯の黄ばみが強いと感じている人は、

 

色素沈着がしやすい食べ物を他の人より多く食べている。または、飲んでいる可能性が高いです。

 

代表的なもので言ったら、カレーまたはコーヒーといったような色の濃い食べ物です。
ワインなども代表的なものとして挙げられます。

 

いわゆる『ステインが付着しやすい食べ物や飲み物』ということになりますね。

 

後はタバコを吸っている方です。
これが1番大きいといっても過言ではありません。

 

誰もがわかるとおりタバコを吸っていれば車や家の壁に黄ばみができますよね?
それが口の中で起こっているんです。

 

黄色くなってしまうのは当然の事もちろん歯磨きではなかなか改善できません。

 

日常的にタバコを吸われる方や、ワインをよく飲む方、コーヒーをよく飲む方、色の濃い食べ物を食べる方。
これらに該当する場合は歯が黄ばみやすい人であると言えるでしょう。

 

歯の黄ばみを抑えるために知っておきたい歯磨きのタイミング

ここでは歯磨きをしたところで歯の黄ばみは簡単には落ちないと書きましたが、効果的なタイミングなのできちんと歯磨きをする事によって、歯の黄ばみの進行を遅らせる事は不可能ではありません。

 

そこで歯医者さんが実践している歯磨きの時間や回数、タイミングについて紹介します。

 

まずは歯磨きの平均時間ですが、およそ15分間だと言われています。次に歯磨きの頻度です。1日に2回から3回とこれに関しては一般的な所とさほど変わりはありません。

 

次に重要なのが歯磨きのタイミングです。歯医者さんは食後すぐに歯磨きをするわけではなく食後およそ30分後位に歯を磨くと言われています。

 

これを意識する事で歯の黄ばみの予防にもつながるほか、虫歯などの口の中の病気の予防にもつながるので効果的です。

 

歯の黄ばみはどこに出やすい?

歯の黄ばみが出やすい場所は、主に歯ブラシが行き届きにくい歯と歯の間だと言われています。

 

普通に歯の表面にもすぐに出てしまうのでこれはあまり気にしなくても良いかと思います。

 

自宅で簡単にできる3つの歯の黄ばみの取り方

どうしていいのかわからない歯の黄ばみ、どうにかお金をかけずに落とせたらいいですよね・・・

 

ちょっと面倒くさいかもしれませんが、お金をかけずに落とせる方法をいくつかご紹介するのでやってみてはいかがでしょうか?^^

 

まずは重曹を使う方法

重曹は、お菓子や食品にも使われるので馴染みがありますね?お菓子や食品にも使われるだけに、安全に使う事が出来ますよ♪
また、お掃除で使えばきれいに汚れが落ちるのも重曹のいいところです!

 

そんな重曹は、歯を白くするのに特化している歯磨き剤にも入ってる事があるんですよ^^
そこで、重曹を使って歯を白くする方法を伝授します。

 

@ 歯磨き剤にティースプーン半分ほどの量を混ぜて磨きます。

 

A 重曹を水で薄めたものを歯ブラシや指に付けて、2分以上歯を優しく磨きます。

 

B イチゴ一つと重曹をペースト状に混ぜて、それを歯に塗り、数分間を置いたら洗い流します。

 

頻度としては週2回位から始めて、徐々に間隔を空けていくといいですよ♪

 

次にオレンジの皮を使う方法

まず、オレンジの皮の内側の白い部分を歯の黄ばみの気になる所に当ててマッサージをします・・・。すると、ビタミンCとカルシウムが細菌を取り除いてくれます。
また、オレンジの皮に含まれるリモネンという成分が歯の汚れを除去してくれます。

 

この方法は長く続けると、歯の軽い着色汚れなら取れる事もあるようですよ♪
是非お試しあれ^^

 

口をゆすぐときにもポイントがあります♪

口をゆすぐ時にレモン汁で口をゆすいでみてください、実はレモンには漂白作用があるので、レモンの汁を口に含んでくちゅくちゅとゆすぐと、多少ですが歯の着色汚れが取れるんです。

 

それでもなんだか面倒くさい・・・

これらのちょっとした方法で簡単な歯の黄ばみは取れる事もあります。

 

ですが、 これは面倒くさい・・・。

 

という方は>>>レディホワイト<<<を使ってみてはいかがでしょうか。
これなら、歯医者さんでのホワイトニングより圧倒的に安いです!

 

そして何よりこれらの地味な方法よりも断然楽ちんです♪

 

なんせ、これはただただいつも通りの歯磨きをするだけで歯が白くなるんですからね♪

 

そして、早い人は2週間前後で目に見えてわかる効果が現れます。

 

もちろん個人差があるため一概に効果があると決めつける事は出来ませんが、
歯が白くなった!という意見や感想が多く寄せられているホワイトニング美容液なんです。

 

歯医者で行うホワイトニングに比べると、元々の値段も安いですし、返金保証付なので安心してホワイトニングに挑戦できます♪

 

レディホワイト公式サイトはこちら↓