虫歯・歯周病の症状などをここでおさらい

虫歯や歯周病が招く健康被害|改善方法特集

最近の日本では、海外の良い習慣が流行る傾向にあり、その中の1つに”歯の健康”もあるようです。
歯のホワイトニングをはじめ、虫歯治療など、歯の健康に対する意識が日本でもかなり広まっています。

 

そこでこのページでは、歯の健康の中でも”虫歯と歯周病”についてそれがどのような影響を及ぼすのか、そしてもたらされる健康被害とは。

 

また、それらの改善方法と改善のためのアイテムをご紹介しています。

 

もし、虫歯か歯周病の症状に悩んでいるなら一緒に見て行きませんか。

 

目次

  1. 虫歯・歯周病について
  2. 虫歯になる原因は?
  3. 歯周病の原因は?
  4. 虫歯になりやすい人の特徴
  5. 歯周病になりやすい人の特徴
  6. 虫歯、歯周病の悪化が招く様々な症状とは?
  7. 歯周病はプラークコントロールで劇的に改善されます♪
  8. 虫歯の予防と同時にホワイトニングもしませんか?

虫歯・歯周病について

そもそも虫歯というものはミュータンス菌と呼ばれている口の中にある細菌が作り出す、酸によって歯が溶かされてしまい、歯に穴が状態をいいます。

 

それは歯周病と同じように、感染症としてされており、初期段階の虫歯にはなかなか自覚症状がないために自分で気づくことがないのが特徴です。

 

さらには、虫歯が歯の黄ばみの症状に関連することもあるようです。

 

では次に歯周病です。

 

歯周病は歯槽膿漏とも言われており、虫歯と同じくミュータンス菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。

 

歯周病が進行することで、ひどい場合だと歯を抜かなければならないこともあるんです。

 

虫歯になる原因は?

毎日歯磨きをしているのにもかかわらず何故か虫歯ができてしまった。
こんな経験をした方は多いのではないでしょうか?

 

私は歯医者に行くのが苦手なので虫歯になった時に歯を削られるのは本当に苦痛でした。

 

そんな虫歯になる原因は、バイオフィルムの中の虫歯菌たちが、私たちが食べたり飲んだりした際に出た糖分を取り込んで酸をだします。
それによって私たちの歯は溶かされること
です。

 

つまり、虫歯予防では虫歯菌とどう向き合うかがポイントになります。

 

さらに、虫歯菌に歯が溶かされると、それがきっかけとなり歯の黄ばみにも繋がるようです。
(なお、歯の黄ばみがお悩みで『歯の色を保つ方法』の詳細を知りたい方はこちら)

 

歯周病の原因は?

 

私たちの口の中には約300から500種類の細菌が住んでいると言われていて、私たちの歯の手入れが不十分だとその細菌が悪さをして、歯周病の原因となります。

 

ただ、その細菌達は普段はそんなに悪いことをしません。
しかし歯磨きが不十分であったり、砂糖などを過剰摂取してしまうとそれらが口の中にねばねばしたものを作り出し、歯の表面についていきます。

 

それを歯垢と言っており、強くうがい程度ではではありません。歯周病は、主に歯磨きが十分にできていなかったために、歯茎の周辺で歯垢達が悪さをすることが原因だと言われています。

 

歯と歯茎の間をしっかりと掃除をすることでそれを防ぐことができます。

 

虫歯になりやすい人の特徴

 

虫歯になりやすい人となりにくい人の特徴があります。

 

虫歯になりやすい人の特徴としては、

 

  • そもそもの唾液の量が少ない人
  • 唾液がねばついている人
  • 噛み合わせのバランスが悪い人

 

などが挙げられます。

 

唾液というのは口の中を洗浄し虫歯菌や歯周病菌が増えないようにするための作用や、口の中の悪い菌を殺菌するなど、さまざまな働きをしてくれます。

 

だからこそ、唾液の質、量が不十分だと虫歯になりやすいんです。

 

次に噛み合わせのバランスです。

 

噛み合わせのバランスも虫歯に大きく関係しているといわれています。
これがどうゆうことかというと、噛み合わせのバランスが悪い箇所に、歯の表面についている細かいヒビ割れができやすいと言われていて、その箇所が虫歯になりやすいということです。

 

これに関しては歯の矯正などが必要になって来るようです。

 

 

 

歯周病になりやすい人の特徴

 

次に歯周病になりやすい人の特徴ですが、年齢なども関係しているといわれていますが、歯周病の悪化に最も深く関わっていると言われているのがタバコだそうです。

 

なんと喫煙者と非喫煙者では4.75倍も歯周病の進行が速くなるというデータがあります。

 

若いうちから歯周病の予防をきちんとすることできちんと事は可能にはなりますが、それすらも追いつかない状況になってしまうので、タバコをやめることからですね。

 

 

虫歯、歯周病の悪化が招く様々な症状とは?

 

実は虫歯、歯周病の悪化を防ぎ、歯の健康を守ることが全身も健康につながっているんです!

 

逆に、虫歯や歯周病を放っておくと、全身に様々な健康被害が及ぶこともあるんです。。

 

なお、虫歯悪化による人体への悪影響は以下のとおりです↓

 

  • 頭痛・発熱などの体調不良
  • 歯が抜ける
  • 脳梗塞・心筋梗塞などの重大な病気を引き起こす
  • 最悪の場合には死亡

 

次に歯周病悪化による人体への悪影響は以下のとおりです↓

 

  • 狭心症・心筋梗塞
  • 脳梗塞
  • 内毒素をまき散らす
  • 糖尿病
  • 誤嚥性肺炎
  • 骨粗鬆症
  • 関節炎・腎炎
  • 生活習慣病
  • (妊婦の場合、母体と胎児にも)

 

私も調べていてびっくりしたのですが、コレを見る限り、どちらもほっとくわけにはいかない事に

 

このような虫歯・歯周病の悪化による症状や健康被害を知っておいて、未然に防ぐ対策をとっていくことはかなり重要なことです♪

 

虫歯・歯周病の悪化はこんな症状も招く

先ほどの症状を見ただけでも衝撃的でしたが、でもそれだけじゃなく、さらに見ていくとこんな症状もあるんです↓

 

咀嚼力が衰える

こうなると

・食事が楽しめない
・十分咀嚼できていないため消化器に負担がかかってしまう

発声の弊害

息が抜けてしまうため、うまく発声できない

力めない

食いしばることができないため、強い力を出すことができなくなります。また、眠気もつらくなりやすく睡眠の質も悪くなりやすいです。

顔の筋肉の衰え

・顔の筋肉への刺激が足りず、肌のハリ、弾力が衰える
・口周りにシワが増え、老け顔に見えてしまうことも

脳への影響

噛むことによって与えている脳への刺激が衰えることで、様々な脳細胞の障害を発生させる恐れも

歯周病はプラークコントロールで劇的に改善されます♪

歯周病で重要な基本治療とも言われている”プラークコントロール”について少しお話しします。
実は、歯周病治療の90%はプラークコントロールでできるんですよ♪

 

プラークコントロールのやり方

虫歯や歯周病が招く健康被害|改善方法特集

これは簡単に言うと、歯のお掃除です。

具体的には、歯ブラシやデンタルフロスなどを使ってプラーク(歯垢)を付けないように歯の表面と歯の隙間を丁寧に掃除するんです。

 

これを丁寧に行い、プラークコントロールを完璧に行うことができれば治療の90%は終了となります♪

 

当たり前の話ですが、いくら高価な治療や痛い治療をしても毎日のプラークコントロールができなければ全て無になってしまいます。

 

プラークコントロールの効果

プラークコントロールを実践すると、まずは歯茎からの出血が驚くほど減ります。

 

また、歯茎の腫れや口臭も激減します。それはなぜか、、お口の中の細菌の80%は歯の周りに付いているプラークの中にいるからです
そこでプラークコントロールをしっかり行い、歯茎が引き締まると歯周ポケットが減っていき、プラークが隠れる場所もなくなるから、ますますお口の中が改善していくんですよ♪

 

虫歯の予防と同時にホワイトニングもしませんか?

あなたの歯は真っ白ですか?それとも黄ばんでいますか?

 

先ほどは、虫歯、歯周病の悪化が進むとどうなるのか、というお話をしました。
歯周病への対策も先ほど触れました、

 

そこでなのですが、この際、

 

虫歯予防をはじめ、口内環境を整えながらも、歯のホワイトニングをしてしまいませんか?

 

口内環境に自信がない
自分の歯の色が気になって自信が持てない・・・。

 

前から歯のホワイトニングが気になってたけど、高そうだしどうしたらいいかよくわからない。

 

そんな方にぴったりなのが、『薬用ちゅらトゥースホワイトニング』

 

ちゅらトゥースホワイトニングがおすすめな理由
薬用ちゅらトゥースホワイトニングは歯のホワイトニングをするための美容液ですが、このアイテムにはホワイトニング効果があると同時に、虫歯発生の元となる要素に働きかけてくれるため、虫歯のリスクが大幅に軽減すると言われています。

 

このページの途中にもありましたが、虫歯は悪化することによって歯の黄ばみの原因にもなってしまいます。

 

なので、虫歯予防と同時に、歯のホワイトニングができてしまう薬用ちゅらトゥースホワイトニングは、

 

”歯のホワイトニングも虫歯予防も行いたい!”

 

という方にまさにぴったりなアイテムなんですよ。

 

さらに、薬用ちゅらトゥースホワイトニングは歯茎の腫れにも効果があるようですので、同時に歯周病の対策も行えちゃうんです^_^

 

もちろん、歯周病予防には、きちんとしたプラークコントロールが必要になって来ることには変わりありません。

 

ですが、薬用ちゅらトゥースホワイトニングを日常的に使うことで、歯周病や虫歯のリスクを抑えながらも歯のホワイトニングができてしまうというのはとても画期的ですよね♪

 

そんな薬用ちゅらトゥースホワイトニングは、特別モニターコースという購入方法があり、通常価格が4,980円のところ、3,980円で購入することができるんです。

 

この金額を高いと思うがやすいと思う日は、個人の差がありますが、

 

  • クリニックでホワイトニングをすること
  • 歯医者さんで虫歯治療を受けること
  • 歯医者さんで歯周病治療を受けること

 

これらのことを考えると、圧倒的にお得な気がしませんか?

 

実際、これらの治療クリニックや歯医者さんで行うとなると、数千円どころでは済まないでしょう。

 

そうならないためにも、薬用ちゅらトゥースホワイトニングを使って予防や改善を行うのはとてもいい考えだと思います。

 

なお、薬用ちゅらトゥースホワイトニングの詳細については以下のボタンから公式ページにてチェックすることができます^^

 

ホワイトニング