ホワイトニングする事が要注意な人

歯が黄ばんでしまっている方、今すぐにでもホワイトニングをしたいところですよね^^;

 

でも実は、ホワイトニングするにも向いている人とそうでない人がいるんです!

 

それはいったいどういう事なのか、このページで見ていきましょう。

 

ホワイトニングがタブーの人↓

 

無カタラーゼ症の場合

 

⇒これはどういう事か、それはホワイトニング剤を分解する酵素を持っていない人の事です。

 

それを知る方法としては、オキシドールを傷口などにつけた時に泡がでない人がこのタイプになるので、そうだったっ方は残念ながらホワイトニングはタブーです・・・。

 

紫外線アレルギーの場合

 

⇒オフィスホワイトニングのライト自体が紫外線を発するので、このタイプの人はホームホワイトニングでしたらなんとか大丈夫です。

 

状況によっては可能↓

 

エナメル質、象牙質形成不全症の場合

 

⇒重度なテトラサイクリン変色歯の人で、抗生物質の作用での歯の変色が起こっている人です。

 

知覚過敏がひどい人の場合

 

虫歯のある人の場合

 

妊婦・授乳中の女性の場合

 

⇒特に問題があったという報告例は今のところありませ。でもつわりなどに影響を与える可能性が高いため状況によっては控える必要があるかもしれません。

 

その他↓

 

アレルギー、喘息などの場合

 

⇒口の中に異物(トレー、ジェル)を入れるだけでも過敏に反応する可能性があるため、その場合は歯科医に要相談してからです。

 

かぶせ物やつめものを前歯などの目立つ場所に入れている人の場合

 

⇒かぶせ物などをやりかえる必要があるので、費用がプラスでかかる事を認識しておく必要があります。

 

歯科医にトータル費用なども事前に相談するといいですよ。

 

 

どのホワイトニングが自分に適しているか見極める方法があります

 

他のページを見ていただくとわかりますが、どのホワイトニングにもメリット、デメリットがあります。。

 

あなたはどのように選ぶべきかわかりますか?

 

 

もしもわからない場合は、まずは歯科医に相談して、今の自分の歯の状態を把握してからホワイトニングを始めるのがオススメです。

 

(歯茎の状態や虫歯なども自分では気がつかない場合があるので!)

 

あと、メリットやデメリットをちゃんと説明してくれるクリニックを選ぶ事も大切な事の1つです。

 

ホワイトニングの場合は、価格がクリニックによって大幅に違う事があります、なのでホームホワイトニングの場合は、セット価格に含まれるホワイトニング剤の本数なども必ず確認する事です。損をしないために!

 

ホワイトニングの値段が壁になっている方

 

先ほど、一般的なホワイトニングについて書きました。

 

ですが、そんなホワイトニングの効果って、永久に続くものではありません。

 

きちんと定期的なメンテナンスを行う必要があるのです。

 

 

つまり、ホワイトニングしてもらうときに高いお金がかかってしまうのに、定期的なメンテナンスの際に、さらにお金がかかります。

 

 

・・・なので中々手が届かなくて諦めてしまう方が多いのが、現状です。

 

そんな方には、歯の美容液で歯を白くしていく方法がオススメです^^

 

オススメしたい圧倒的な理由が、値段の安さ。

 

通常、きちんとホワイトニングするのに数万はかかります。

 

でも私がごり押ししている歯の美容液による方法なら、数千円で済みます☆

 

 

まさに、ケタ違いの安さです♪

 

もちろんどんな方法でホワイトニングをするのかはあなた次第です。

 

ただ、ホワイトニングをとにかく安く済ませたい!というのなら、選択肢の中に入れてみるのもいいと思います!

 

 

>>>歯の美容液についての詳細<<<