歯並びを矯正して印象UP!歯の白さも手に入れよう!

歯並びが悪いと印象が・・・そんなことないんですよ♪

歯並びが悪いと、印象が悪くなるというイメージありませんか?

 

確かに、人に会う時には歯並びは第一印象を決めるひとつの要因にはなります。

 

なので、このページでは歯並びが良くするための矯正の2つの方法をご紹介します。
それと同時にもう一つの印象を決める要因である『歯の白さ』を取り戻す方法も併せて見て行きたいと思います

 

早速ですが、想像してみてください。

 

あなたは歯並びがとても悪い人を見てどのような印象を受けますか?

 

あなたは歯並びがとても良い人を見てどのような印象を受けますか?

 

決めつけた言い方をしてしまいますが、おそらく歯並びが良い方の方が良いイメージを沸かせる事ができたと思います。

 

日本ではあまり歯並びやホワイトニングの習慣はありませんが、日本人の方でも実は無意識のうちに相手の顔見て印象を決めているものなのです。

 

歯並びや、歯の白さはそのくらい重要なのです!

 

歯並びを整える方法は、ブラケット矯正、またはマウスピース矯正があります。

 

噛み合わせを良くするためにも、歯並びはきれいにしておきたいものです。

 

歯の矯正には、2種類あるというお話をしましたが、

 

ブラケット矯正は、歯に金属製のブラケットを取り付けてワイヤーで固定し、矯正していく方法です。

 

ブラケット矯正は、ブラケットがとても目立ちあまり人気がなかったのですが、最近では、ブラケットやワイヤーが、比較的目立たないタイプも開発されているんです。

 

一方、近年注目されているのは、マウスピース矯正の方です。

 

この分野に詳しい歯医者さんに相談して、自分にぴったりのマウスピースを作りましょう。

 

そして徐々に歯の矯正をしていくのです。

 

マウスピース矯正は、周りからわかりやすいブラケット矯正のような方法とは違って、大人の方がする矯正には向いています。

 

しかしながら、場合によっては対応できない方もいらっしゃるので、そこは歯医者さんと相談が必要です。

 

歯並びは、美しさだけではなく、噛み合わせの改善にもとても重要な事です。

 

噛み合わせをきちんとする事で、今後の健康に大きく関わってくる事なので、老後の事を考えて、20代、30代店から矯正を始める方もいらっしゃるのです。

 

日本歯科協会の調査によると、歯並びは第一印象を左右すると思う、と答えた方は、なんと72.6%もいたそうです。

 

特にお見合いや、面接、デート、ビジネスで威力を発揮すると考えられているのです!

 

歯並びと同じくらい重要となるのが、あの白さです。

 

このページの冒頭でさせて頂いて質問をもう一度します。

 

では想像してみてください。

 

あなたは、はが黄ばんでいる人にどのような印象を受けますか?

 

あなたははが白い人にどのような印象を受けますか?

 

少なからず、黄ばんだ歯にポジティブなイメージがある方はほとんどいないかと思います。

 

逆に白い歯の方にはポジティブなイメージばかり浮かんできたかと思います。

 

歯の白さというのはとても大切な事です。

 

自分の歯の色に自信がない、という方。

 

周りからはそのように思われているかもしれません・・・。

 

ご自身の歯の色に自信のない方、以下のページを見てみてください!

 

 

そもそも歯並びが悪くなってしまう原因をあなたはご存知でしょうか?

歯並びが悪くなってしまう原因というものは実にたくさんあるものです。

 

その歯並びが悪くなってしまう原因について少しお話ししたいと思います。

 

遺伝によるもの

歯の大きさや歯のずれなどはある程度親からの遺伝が関係しています。

 

なので親の歯並びが悪いからといって必ずしも子供の歯並びが悪くなるという事ではありませんが、少なからず親の遺伝によって歯並びが悪くなったりしやすいという事はあるようですね。

 

歯の本数が多かったり、あるいは少なかったりする場合には早めに歯医者さんに相談したほうがいいですよ!

 

生活習慣や癖が原因によるもの

乳歯の奥歯が生える2歳半から3歳位で指しゃぶりを止められないようですと、お母さんやお父さんがさりげなく辞めさせるようにしてあげたほうがいいと思います。

 

それは何故かというと指しゃぶりが続く事によって指によって歯をおされてしまいます。

 

そして上下の歯の噛み合わせが悪くなってしまう場合があるんです。

 

乳歯は奥歯がとても深く、自分ではなかなかうまく見かけなくて虫歯になってしまうという場合があります。

 

どうせ永久歯に生え変わってしまうからといって虫歯を放っておいて勝手に抜け落ちてしまったりすると、初めての永久歯が生えてきたときに正しい位置に歯が生えないんです。

 

それ以降生えるえる永久歯は凸凹になってしまいます。。

 

口呼吸の癖がある人

ここ最近無意識のうちに口呼吸をしているという子供が急激に増えているそうです。

 

本来口は閉じているものですね?

 

それが全身の健康や免疫という点で口呼吸は良くないとされています。

 

口の中の健康という観点から見ても、口呼吸は消して望ましいものでは無いのです。

 

もしも口呼吸をしていると口を開いたまま唇や舌と歯なバランスが崩れてしまいます。

 

そのバランスが崩れたまま舌が歯を押し続けるような状態になって歯並びが徐々に悪くなってしまうという原因になります。

 

舌の癖

下が口の中でいつも同じところを触っていたりをしていたりする癖がついている場合は、歯並びが悪くなりやすいという事です。

 

例えば上の歯の裏側をずっと押す癖がある場合には、立派になりがち。。

 

舌の歯の裏側をずっと押す癖がある場合はうけ口に上下の歯の境目のところをずっと押す癖があればはがすきっぱになってしまいます。

 

生活習慣によるもの

いつも同じ方向に向いて寝ていたり、同じ手で顎杖をつくなど、どちらかの顎に負担がかかるような癖をお持ちではありませんか?

 

顎がずれてきてしまう恐れがありそこから歯並びに影響してくる場合があります。

 

食生活の習慣によるもの

いつも片側の顎で食べ物を噛んでいると、顎がだんだんとずれてくる場合があります。

 

さらに柔らかい食べ物ばっかり食べている事によって、なかなか顎が発達せずに顎が小さいままになってしまいます。

 

小さい顎に並びきらない事によって歯並びが悪くなってしまうんですよ。