歯茎の健康が大切な理由と歯の白さの関係

白く輝く美しい歯というのは、誰もが憧れるもので、
第一印象を良くするためには絶対に必要なものですよね。

 

最近では手軽に歯を白くできる歯磨き粉などもたくさん販売されていて、
このサイトでも歯のホワイトニング美容液をご紹介しています。

 

これは、若い女性を中心にホワイトニングの人気がますます高くなってきている証拠だと思います。

 

ですが、どんなに白く美しい歯を手に入れても
その周りを縁取る歯茎の色が赤みを帯びていたり黒ずんでいたりするとその美しさも半減してしまいます。

 

実は、白くきれいな歯というのも、その周りをちゃんと健康的に埋めている歯茎がないと
最終的には、どんどん歯が抜けていたり、すきっぱになってしまったり…
とにかく健康的な端を白くきれいなままちゃんと保つためにはやはり歯茎が一番大切ということになりますね。

 

健康的な歯茎本来の色というのはコーラルピンク(サンゴ礁の色)なんだそうです。
歯茎の表面は一定の厚みを持つバリア層を持つ上皮に覆われていて、
外部から受けるあらゆる刺激から口の中を守っているんだそうです。

 

その歯茎の上皮には歯を支える骨や組織に栄養を送る毛細血管が張り巡らされていて、
その色が上司から透けて淡いピンク色になるんですって。
一口にピンク色といっても種類も様々ですけど、健康的な歯茎の色というのは
先ほどもご紹介した通りコーラルピンクと言われています。

 

コーラルピンクというのはサンゴ礁の色で乳白色に淡い赤みを帯びたピンク色です。
歯茎が健康である証拠はその色だけでは無いんだそうです。
例えば歯と歯の間の歯茎が丸みのない綺麗な△であることが歯茎が健康である証なんですが、
それが失われて歯と歯の間の隙間のところをしっかり埋め尽くすような三角形ではなく丸みを帯びた腫れ上がって歯茎になってしまうとこれは歯周病を併発しているということになります。

 

歯と歯の間に挟まっている食べ物のカスや糖分を餌にする雑菌である「ミュータンス菌」が増殖していて
そのせいで多分口臭もひどくなっているはずとのことです。
実際に私が通っている歯医者さんでも私が以前言われたことがあるんですけど、その時の先生の指導はこんな感じでした。

歯茎がちょっと充血しているね。
これじゃちょっと歯磨きのやり方を見直したほうがいいと思うよ…

と言われました。

 

その後に、助手の歯科衛生士の方が歯ブラシの正しい使い方や歯磨きにかかる正しい時間なども教えてくれて、
それ以降はずっとそれを意識しながら歯磨きを続けるようにしています。

 

それによって少しずつ良くなってきたような気がするんですけど、
まだまだ私の中では、全然足りていなくて『本当にきれいなサンゴ礁色の歯茎にはなっていない』ように思います。
実際に、正しい歯磨きの仕方というのは、歯ブラシの毛先をちゃんと歯と歯の間に入り込ませて
そこの時点では、あまり大きくストロークさせず、小さくあまり力を入れずにブラシを動かすというのが正解で、
そういった磨き方をちゃんとすべての板に対して行って入ると歯茎はどんどん自然と健康な状態を取り戻すんだそうです。
歯茎が健康な状態でないと、先ほどもご紹介した通り歯周病の原因になって口臭もひどくなってしまいます。

 

あるアンケートによると異性から嫌われてしまう原因の1つとして口臭が挙げられていますから、
今のうちに歯の白さよりも口臭予防や歯の健康的な美しさのために
健康な歯茎を取り戻すといった方向に歯磨きの方向をシフトしたほうがよさそうと言えるかもしれませんね。