タバコのヤニを自宅で簡単にホワイトニング!3つのコツを暴露

禁煙マークのプレート

日本人女性のおよそ10%が、現在でも喫煙をしているという調査結果があります。

 

そんな喫煙者の方や喫煙経験者の悩みで、もっとも多いのが
ヤニで歯が黄ばんでしまっている』というものです。
また、喫煙者で次に多い悩みが『口臭が気になる』というものです。

 

元喫煙者や今現在タバコを吸っていても『なんとか歯をきれいにしたい!』という方はたくさんおられると思います。

 

そこで、このページでは、元喫煙者の方と今現在もタバコを吸っておられる方に最適なホワイトニング方法を選んで頂けるように詳しく見て行きたいと思います。

タバコのヤニの黄ばみを自宅でホワイトニングする方法3選

タバコのヤニで黄ばんでいる歯を白くする方法を3つご紹介します。

  • 歯のホワイトニング美容液を使う
  • ホワイトニングマジックペンを使う
  • 歯の消しゴムを使う

大まかに分けて、この3つの選択肢があります。

 

この中で、どれが一番よい方法なのかを現在タバコを吸っている方と禁煙された元喫煙者の方で見て行きましょう!

歯のホワイトニング美容液を使う

歯のホワイトニング美容液を使ってこまめなケアをするというのは、虫歯予防や歯周病予防も兼ねたおすすめの方法です。

 

また、口臭が気になっている方にも改善効果が期待できると言えます。

 

そして、一番特徴的な部分では、タバコを吸い続けていても、ケアを続けることで歯を白くして行けるという点です。

 

歯のホワイトニング美容液を使った場合のメリットとデメリットを表にまとめました。

メリット デメリット
毎日のケアで虫歯や歯周病の予防もできる 効果が表れるまでに時間が掛かる
口臭対策にも効果的 毎日の習慣的なケアができない人には効果がない
歯科医や専門店に比べて圧倒的にコスパに優れている 正しいブラッシングケアを実践する必要がある
歯磨き粉に比べて研磨剤が含まれておらず、歯の健康に長期的に寄与する ― ―

メリットとデメリットを一覧でまとめると歯のホワイトニング美容液の効果や歯を白くするためのコツも見えてきますね。

 

【関連ページ】
歯磨きの正しいやり方を知って白い歯を手に入れよう!

歯の消しゴムを使う

歯の消しゴムと聞いても、え!なにそれ?という方もおられると思います。

 

歯の消しゴムとは、名前通りですが『歯の表面を白く磨く消しゴム』です。

 

とにかく使い方が簡単で、コンパクトでバッグに入れてもまったくかさばらないサイズなので、愛用者も多く楽天市場やamazonでも人気商品となっています。

 

ただし、メリットがあればデメリットもあるのは当然です。
先ほどの歯のホワイトニング美容液と同じようにメリットとデメリットを一覧表にまとめました。

メリット デメリット
とにかく手軽で素早く歯を白くできる 歯の表面は白くできますが、裏側はケアできない
金額が安く商品よって微差はありますが、数百円で購入可能 口臭予防や歯の健康(歯周病や虫歯予防)にはならない
― ― 歯と歯の間をケアするのに“慣れ”が必要
― ― 公共の場所で使用する時は鏡の前で使っている姿を見られる可能性も

確かに手軽で便利なアイテムではありますが、このようなデメリットがあります。
口臭や虫歯、歯周病などの予防には一切寄与しないため、あくまでも“今この場だけで歯が白くできれば良い”という方にはおすすめのアイテムです。

 

ですので、長期的なしっかりとしたブラッシングケアなども、行っていきたいところですね。

 

楽天市場の歯の消しゴム最安値商品
↓↓お求めの方はこちら↓↓
デンタル・ステイン・ミニイレーサー 歯の消しゴム 1個 キャップ付き594円

ホワイトマジックペンを使う

ホワイトマジックペンは、『歯の修正液』という別名もあるアイテムです。

 

歯の表面に塗って歯を白くするということで、評判では歯の白さを短時間で手に入れるならこれが一番良いという意見もあります。

 

1本のペン型の本体で両端が1液と2液に分かれており、順番に塗って行きます。
では、先ほどと同じくメリットとデメリットを見てみましょう。

メリット デメリット
短時間で歯が白くなる 歯の消しゴムと同じく歯の健康には関係ない
歯を削らない 口内炎などの症状があるとシミる可能性もある
― ― 主成分の亜塩素酸ナトリウムの毒性が指摘されている(副作用報告はありませんが・・・)
― ― 味が食べ物に影響するという指摘も・・・

このメリット・デメリットは、フラットな見方をするために、いろいろと中立的な意見を集めてまとめたものです。

 

こうして落ち着いてみてみると、手軽さと安全性では歯の消しゴムが一番と言えるかも知れません。

 

しかしながら、長期的な歯の健康と口腔内環境の正常化という視野でみると、歯のホワイトニング美容液が一番おすすめと言えると思います。

 

ホワイトニングは歯科医や専門店でもできますが・・・

いきなりですが結論からいうと、今現在も進行形でタバコを吸っている方は、自宅でホワイトニングをするのが良いでしょう。

 

なぜなら、歯科医で受けるホワイトニングは、一回当たりの金額が数万円も掛かってしまうこと。

 

もちろん、歯科医で歯のホワイトニング施術を受けたり、歯のホワイトニング店に通うなどの方法もあるのですが、
金額がかなりかさんでしまうという点とタバコを吸い続けている方には効果が一時的なものでしかないという意味でおすすめできません。

 

自宅でホワイトニングをコツコツと続ける方法ならば、ホワイトニング美容液を使って
毎日の歯磨き感覚でブラッシングケアを行うだけですし、歯科医や歯のホワイトニング店のように
1回あたりの金額もかなり安く抑えることができます。

 

また、毎日の歯磨き感覚で続けて行けば、少しずつ白くなって行くので、面識がある方に対して違和感を与えないというメリットもあります。

 

どういう事かというと、いきなりあなたの歯が翌日に『真っ白になって目の前に現れたら』と考えると・・・違和感あり過ぎじゃないですか?

 

これは、わたしの個人的な意見ですが、ずっと歯の黄ばみが気になっていて、でも頑張って
こまめに歯をきれいに磨き続けて白くなって行った・・・という方が好感度が高いような気がするんですけど・・・

 

まぁ、わたしの個人的な意見はともかくとして、もし自宅でホワイトニングをコツコツと続けるなら、おすすめのホワイトニング美容液があるんです。

 

その名前は『レディホワイト』というホワイトニングアイテムです。

 

>>レディホワイトの効果や成分・口コミはこちら<<

 

現在日本では歯医者さんやホワイトニングクリニックでのホワイトニング方法が主流となっていて、最近では多くのモデルなどの芸能人がよく通うという事で歯のホワイトニング店というものがあります。

 

歯医者さんやホワイトニングクリニックでは精度の高いホワイトニング治療を受けられるというメリットがあります。

 

ホワイトニングまでは自分でホワイトニングをして行く代わりに料金がかなり安いという事でそれぞれメリットがあります。

 

しかし、それぞれの良い面ばかりが多くの人に知られていますが先ほど挙げたホワイトニングの方法には落とし穴があるという事を忘れてはいけません。

 

この記事を読んでいる喫煙経験者の方の中には、今現在ホワイトニングを考えている方もいらっしゃるでしょう。

 

でもそれはちょっと待ってくださいね。このページではオフィスホワイトニング、ホームホワイトニング、歯のホワイトニング店。これらのデメリットをまとめていくので、もしもこれら3つでホワイトニングを考えていたという方がいらっしゃればぜひ参考にしてみてください。

 

歯についたヤニの黄ばみを落とす方法3選

一度歯についたヤニは中々落ちませんよね。

 

長年の喫煙による家には表面に着してやがてステインという物質に変化します。結果から言うと喫煙による黄ばみの原因は、このステインです。この視点は一同半に付着するといつも通りやっているような歯磨きでは取れないようになります。それが歯に付いてしまったヤニの恐ろしいところです。

 

ちなみにですが、スペインというのは喫煙によるいやにだけが原因ではなく、身近なもので言えばコーヒーやワインなどの飲み物を始め、カレーやブルーベリーのような色が濃い食べ物を摂取して行く事であるくっついて行きます。

 

先ほど通常の歯磨きでは落ちないと書きましたが、じゃあどのように張り付いてしまったヤニを落とせばいいのかというと、このページの冒頭でも書いた、オフィスホワイトニングホームホワイトニング歯のホワイトニング店

 

これらに頼るのが主流です。しかし、これは多くの方が実践しているアプローチ方法ですが、あまり知られていないデメリットがきちんと存在します。ホワイトニングねあなたが損しないように、失敗してしまわないように、これらのアプローチ方法のデメリットをまとめていきます

 

オフィスホワイトニングのデメリット
・人によっては治療方法により生活に支障が出るほど、かなりしみる場合がある
・高いコースを選べば1回で大幅に白くする事は可能ですがその1回がかなり高い(中には10万円前後のものもある)
・安いコースもありますが、効果は非常に低く何回か通う羽目になる(それでも1回が万単位のものが多い)

 

・どれだけ高いコースでホワイトニングをしたとしても、定期的にオフィスに通メンテナンスをする必要があるので、わざわざ時間を作るのも面倒ですしその時にもまたお金がかかってしまう場合が多く、金銭的なハードルが非常に高い

 

ホームホワイトニングのデメリット
・白くなるまでに非常に時間がかかります(数週間から1ヵ月から2ヶ月程度かかる場合があります)
・ホームホワイトニングを行っている数ヶ月間の期間は着色背の高い飲食物をとる事ができなくなってしまう。
・知覚過敏がある方はホームホワイトニングができない

 

ホームホワイトニングを経験したが途中で断念してしまうという方のほとんどはこう言います。

 

毎回歯に染みるのが辛い

 

・日に日に面倒くささが増してきてやめたくなる

 

・時間をかける割には全然白さを実感できない
ダイエットでもないのに毎日食事制限をしなければいけないのが辛い

 

歯のホワイトニング店のデメリット
・数千円でできるというのが売りなのにコースで通と結局は数万円かかる
コンビニのように身近にあるものではないため近くに歯のホワイトニング店がない方にはとても不便

 

レディホワイトでヤニの歯の黄ばみは落とせる?

これから私が紹介するレディーホワイトでのホワイトニング方法は、いつもの歯磨きの代わりにレディホワイトを使って磨くだけのいちにち10分間のみの自宅で簡単ホワイトニングです♪

 

くどいようですが、いちにちに約10分間いつも通りの歯磨きをレディホワイトに変えて行うだけです。

 

レディホワイトは数年前から雑誌などのメディアに多数掲載されており、テレビ放送もされたホワイトニングアイテムです

 

コーヒーや紅茶をよく飲むというモデルの方も愛用しています

 

レディホワイトの効果

先ほど、歯の黄ばみの原因で、色が付きやすい飲食物、タバコのヤニ、これらをあげました。レディホワイトは、張り付いてしまったタバコのヤニをはじめ、スペインによる波野黄ばみを落とし白い歯に変えてくれるというのがメインの仕事です

 

その他にも殺菌効果と炎症を抑える薬部外品成分が含まれており、虫歯や歯周病の予防もできます。いつもの歯磨きをレディホワイトに変えるだけで、ホワイトニングはもちろん、はと歯茎の健康を守る事ができます。

 

レディーホワイトの使い方

とっても簡単です。
いつもの歯磨きの代わりにレディーホワイトを2回プッシュして歯ブラシにつけて約10分間歯を磨く

 

以上!!

 

たったこれだけで長年の喫煙によって波野表面にこびりついてしまったタバコのヤニを落としていく事が可能です。

 

レディーホワイトの値段は?

レディホワイトは1本5,500円です。しかし初回限定で半額となり今なら2,750円でレディホワイトを手に入れる事ができます。

 

これを安いと取るか高いととるかはそれぞれの価値観に違いがあるため何とも言えませんが、少なからず言えるのは、オフィスホワイトニングを行うとはが白くなっていくまでに約6まんえんから二重蔓延かかると言われています。ホームホワイトニングの場合でも約4万円から9まんえんほど白くなるまでにかかると言われています。
やすいやすいと言われている歯のホワイトニング店ですが、これも1回で約三千苑から5,000円ほどかかります。

 

それに比べ2,750円でジェルがなくなるまで使い何回でも使い続けられるレディホワイトは私からしてみれば圧倒的な安さを感じます

 

ヤニの歯の黄ばみをホワイトニングする方法のまとめ

あなたははが黄色い人にどのような印象を受けますか?
おそらく多くの人はマイナスなイメージを持つかと思います。
それはただの思い込みではなく、実際に多くの人ははが黄色い人に対してこのような事を思っているというアンケート結果が出ています

 

清潔感がなさそう口が臭そう
毎日歯磨きしてなさそう
笑うともったいないどれほど顔のパーツが整っていても他の色が黄色いと付き合えない老けて見える。

 

ちょっと残酷ですが、世間ではきいろいはな人に対してこのような印象を持つ事が多いようです。

 

ですが、レディーホワイトを1、2週間ほど使い続けると効果が現れてきます。さらに使い続けていく事でネイビーホワイトの天然由来の成分がどんどん白さを際立たせていき、約2トーンも歯を白くしてくれます。

 

オフィスホワイトニングのように一気にあの色劇させる事は不可能ですが、この値段の安さできちんと効果のあるホワイトニングを実現できるのはすごく嬉しい話だと思います。

 

改めていますが通常通りの歯磨きでは蒼白くして行く事は可能です。もしもホワイトニングをするのであればレイリーホワイトをまずは試してみるべきだと私は思います♪